SLoWLyなFPSブログ

ここはnoobなFPSプレイヤーSLoWLyの自己満足ブログサイトです。 CS1.6の開始と共に復活!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復習

立ち回り強化に向けて、気付いたこととかを書いて行くことにする。

とりあえずまずは、自分の知っていることの復習から~。

このカテゴリ[CSメモ]は、あくまで自分で覚える為のメモのようなものです。


投げ物について。

・投げ物の投げるタイミング

HE

味方と一緒に。
引く時に。
追撃に。
余ってる場合はボムサイトの攻略時に敵から攻撃を受けないように。
敵の位置確認に屋根上に投げる。(d2のB/infeのA/infeのCAT(CT側))



FB

Tの時

敵がいるであろう場所を攻める時。
敵AWPの逃走防止の時に。
余っていればボムサイト攻略後、各所を取り返す時。
基本的にFBは投げたら出る、何もしないのに投げると勿体ない。かと言って投げないのはもっと勿体ない。

もしTでCTのカウンターFBを食らってしまったら、その後にHEが来るかも。
d2のCAT階段等でFBを食らってしまったら少し引いた方が良い?直撃50damegeは痛い。

CTの時

FBカウンター。
ラッシュ止め。
味方が不利な時のリセット。
ボムサイトを取り返す時。
敵の位置が分かっている状態で、詰める時。 分かっていないで投げると詰めてくるのがバレる。

※投げてはいけない時。

エコポジの時、CTの時に投げ物を無闇に入れると、相手によるが自分の位置をバラす。危険。

逆に言えば投げ物で場所予測をしてくれる相手なら、自分のいない場所にFBを投げて位置を錯覚させることも出来る…が、試したことはない。
d2でCAT3の時にロングにFBを一個だけ入れておくとか。



SG

Tの時
二個重ねが基本?一個だと32bitでも動いているスキンは結構見える。

D2
ロングから→エレメントに。
CATから→センターに。AWPポイントに。
Bから→DDに。
センターから→CTベースに。

INF
Bから→CTベースに。
T字から→図書館に。
センター(T字侵入前)から→連通に。
CATから→ミニ砂場に。
タワー下から→センターに。

NUKE
T部屋から→Bに。
外から→箱に→別館に→別館屋根当てに。
ドアラッシュ→いわずもがな。
Bスロープから→タワー下に。

CTの時
Tと違い一個でも十分効果がある?

二段等をする時。
敵の進行を遅らせたい時。
ガン見する時。
SGフェイクに。
守備位置を錯覚させる為に。



こうした投げ物に対しての駆け引きについて少し。
上記のことを知っていれば、投げてきただけで相手のしたいことが分かるようになる。

INFでB守ってたらSG一杯焚かれた!→Bラッシュだ!
CATにFB入れたらカウンターFBが飛んできた!→SKポジで守ってる可能性が高い!
交戦中にリセットFBが飛んできた!→カバー出来る範囲に敵がもう一人いる!
D2のCATにSG焚かれた!→箱二段の可能性が高い!

他にも色々あるけど、挙げ始めるとキリがないからこんな感じで。
勿論上記の読みを逆手に取って逆を攻めてくるかも知れない。それがフェイク。
飛んできたのがFB二個だけなら、陽動の可能性が高い。


やたら長くなってしまった…
カテゴリ[CSメモ]は、自分で覚えなおす為に書いて行きますが、もし読んで下さっている上級者の方がいらっしゃったら。
アドバイス、ここは違うよ等のコメントお待ちしてます!是非!!

スポンサーサイト

コメント

最近思うけどcatくるHEってみんな壁にあてて投げるから結構奥に飛ぶんだよね。
だからHEきた!っておもって下がると割と深めに飛んできて逆に食らうっていう。
きそうだったら階段下に逃げるんじゃなくて上の箱裏まで上がるといいかも?

  • 2009/03/04(水) 17:09:04 |
  • URL |
  • edg #QuqsrdsY
  • [ 編集]

>edg君
おお…早いコメントありがとう!
皆投げ物走って投げ過ぎだよね。特にCS初心者の人。
今度試してみる!

  • 2009/03/04(水) 17:15:41 |
  • URL |
  • slowly(管理人) #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowlyfps.blog33.fc2.com/tb.php/54-e5086feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。